oosdana

この帳面は明治末期の盛岡の大店の帳面で古金銀の在庫を記したものである
右から3番目に 銀小判八匁 参枚 と書かれている。他が一分銀、二分金などであるから
この記述は盛岡八匁銀判を指すものと思われる。この銀判は貨幣ではなかったので、鋳つぶしてもよく、好評だったとなにかに書いてあった。実際流通していたのである。